Top > 電子計測機器 2017.8.21
       標準抵抗器      関連技術情報メモ :   抵抗の一次標準 
メーカー      型式        抵抗値
(Ω)
確度
(ppm)
校正確度
(ppm)
温度係数
(ppm/℃)
経時変化
(ppm/年)
最大許容電力
(W)
製造年 実測値*
横河電機 2792-01 0.001 200 100 15 --- 1 1978 0.001 01 (+1%) *
横河電機 2792-02 0.01 100 50 15 --- 1 1978 0.010 01 (+0.1%) *
Fluke 742A-1 1 17 1 3 8 0.5 V
IET SRL-1 1 2 1 3ppm/tot typ. 2
max. 8
175mW
(変動0ppm未満)
1992  
横河電機 2792-04 1 50 10 10 --- 1 1973 1.000 12 (+120ppm) *
 アルファ・
エレクトロニクス
ASR-101 100 5 2.5 0.2 3 0.1 1999 99.999 73 (-2.7ppm) *
横河電機 2794-06 100 20
20℃±0.2℃の
オイルバス中にて
5
20℃±0.2℃の
オイルバス中にて
8 5 ppm/半年 1 1987 99.999 76 (-2.4ppm)
横河電機 2792-06 100 50 10 10 --- 1 1994  
Fluke 742A-10k 10k 9 1 1.5 4 30.0 V
ESI SR1 10K 20 10 5 50 1 1981  
横河電機 2792-08 10k 50 10 10 --- 1 1973 10.000 259k (+2.6ppm) *
 アルファ・
エレクトロニクス
MCY10K000T 10k 100 --- 2.5 --- --- 2001  
アドバンテスト TR45-8 100M 2% --- 0.25 %/℃ --- --- 1997 100.413MΩ (+0.41%) *
タケダ理研 TR45-12 1T 5% --- --- --- ???   0.67TΩ (-33%)
タケダ理研 --- 1T、10G、100M 1% --- --- --- --- ???  
マンガニン線 --- --- --- --- 2 --- --- 2004  
ESI RS925D 10mΩ 1.2MΩ 1.5 - 2 1.5 - 2   3 - 20 20   ???  
山菱電機 YRS-3B 1 11,110 ?? ?? ?? ?? ?? 1972 計測結果データ 
AND AD-8612 0.1 〜 1,111.20 0.01 % --- --- --- --- 1985  
 タケダ理研 TR42   Sample Chamber 超高抵抗測定用試料箱
     *: 2007.9.18 28.8℃、60%RH HP3458Aにて計測    計測結果データ  

Fluke 742A-1 1Ω、742A-10k 10kΩ 抵抗標準器      年製(?)       2017.6.23, 2017.7.9
 抵抗の精密校正用の高確度作業用標準器
全般仕様
動作時温度  18 〜 28 ℃
保管時温度   0 〜 40 ℃
リトレース誤差
(ヒステリシス)
 23℃ 〜 18℃ 〜 23℃ サイクル、
 または、
 23℃ 〜 28℃ 〜 23℃ サイクル:
  無視できる程度の抵抗値変動
 23℃ 〜 0℃ 〜 23℃ サイクル、
 または、
 23℃ 〜 40℃ 〜 23℃ サイクル::
   < 2 ppm 抵抗値変動
サイズ (cm) 高さ 8.6 x 幅 10.5 x 奥行 12.7
Model  Nominal 
Value

(Ohms)
 Deviation 
from
Nominal
(ppm)
Stability
 12 Month 

(ppm)
calibration
 Uncertainty 
23 ℃
(ppm)
Max
Change
 18-28 ℃ 
(± ppm)
Max
 Voltage 

(volts)
732A-1 1.0 17 8.0 1.0 3.0 0.5
  732A-10k   10.0k 9 4.0 1.0 1.5 30.0
Fluke 742A Catalog 2007 JPN.pdf
Fluke 742A Technical Data 2003.pdf
Fluke 742A Instruction Manual 1989.pdf

IET SRL-1  1Ω 標準抵抗   1992年製(?)                     2009.4.24
公称抵抗値
確度
校正確度
安定度

温度安定度

最大入力電力

:1Ω
:±2ppm
:±1ppm
:±8ppm/年(max.)
 ±2ppm/年(typ.)
:3ppm(18-28℃)
:175mW(変動0ppm未満)
/*
 350mW(変動1ppm未満)
 850mW(変動3ppm未満)
SRL Resistance Standard Data sheet and specs.pdf
  

アルファ・エレクトロニクス ASR-101 100Ω 超高性能な標準抵抗器 Ni-Cr合金箔抵抗体 1999年製(?)    2007.1
 アルファ・エレクトロニクス株式会社は精密抵抗器のトップメーカです。
 公称抵抗値   :100Ω
 精度   :5ppm (0.000 5%)
 ・・・> 99.999 5Ω 〜 100.000 5Ω
 抵抗温度特性   :≦0.2ppm/℃
       ・・・>>オイルバス、空調等不要!
安定度   :5ppm/年
校正確度   :2.5ppm
端子構造   :5端子
質量   :約2.5kg    (価格:95万円程度!?)
定格電力:0.1W
最高使用電流:31.6mA、最高使用電圧:3.16V
参考:Fluke 742A-100 Resistance Standards       
   ±4 ppm/半年、6ppm/年
、校正確度:1ppm
ASR−101_Catalog.pdf

ESI RS925D  Decade Resistance Standard
抵抗値範囲

精度

安定度
温度係数


電力係数
: 10mΩ - 1.2MΩ、
   設定桁数: 9桁、 分解能: 20μΩ
: 100Ω: 2ppm、 1K: 1.5ppm、 
   10K: 1ppm、100K: 1.5ppm
: 20ppm+0.0005ohms/年 
: 3ppm/℃ (100Ω/step以上)、 
  15ppm/℃ (10Ω/step)、
  20ppm/℃ (1Ω/step)、
 50μΩ (内部配線およびスイッチ類)
: 0.1ppm/mW/step (100Ω/step以上)

ESI 242D Resistance Calibration Measuring System 超精密抵抗測定システム の一部

ESI SR1  標準抵抗器 10KΩ   ±20ppm      1981.9製造     2014.3.7
公称抵抗値 10 kΩ
確度 初期確度
長期安定度
校正確度
20 ppm
50 ppm
10 ppm
校正条件 23 ℃、低電力計測、4端子計測
温度安定度 5 ppm/℃
電力安定度 0.1 ppm/mW
端子抵抗 バインディングポスト
バナナプラグ
0.1〜0.2 mΩ
2〜3 mΩ
最大印加電力 1,000 mW
最大印加電流 10 mA
工場出荷時の
校正データ
背面ラベルに記載
ESI_SR1_Series_catalog_1982.pdf
ESI_SR1_Series_datasheet.pdf

横河電機 標準抵抗器         仕様(カタログ)
高精度測定を行う場合には、油(オイルバス)に漬けて計測するか、温度管理された部屋で計測する必要があります。
 計測結果データ 
   
抵抗値 シリアルNo. 製造年 確度 校正確度 温度係数 経時変化 最大許
容電力
実測値*
  2792-01   0.001Ω 00114 1978 200 ppm 100 ppm 15 ppm/℃ --- 1W 0.001 01 (+1%)
2792-02 0.01Ω 00155 1978 100 ppm 50 ppm 15 ppm/℃ --- 1W 0.010 01 (+0.1%)
2792-04 N73C76 1973 50 ppm 10 ppm 10 ppm/℃ --- 1W 1.000 12 (+120ppm)
2794-06 100Ω 27FU4010 1987 20 ppm
20℃±0.2℃の
オイルバス中にて
5 ppm
20℃±0.2℃の
オイルバス中にて
8 ppm/℃ 5 ppm/半年 1W 99.999 76
(-2.4ppm)
2792-06 100Ω 54FS6026 1994 50 ppm 10 ppm 10 ppm/℃ --- 1W  
2792-08 10kΩ N73F116 1973 50 ppm 10 ppm 10 ppm/℃ --- 1W 10.000 259k (+2.6ppm)

279406 (100Ω)       1987年製 
 抵抗値の計時変化データ付き
 試験期間6月間の抵抗変化が±5ppm以内
 公称値  :公称値:100Ω 
 端子構造  ::4端子
 確度
 (20℃±0.2℃(オイルバス中)
 :±0.002% (20ppm)
・・・> 0.999 98〜1.000 02 Ω

279208 (10KΩ)   1973年製
 公称値:10,000Ω シリアルNo.N73F116
279204 (1Ω)   1973年製
 公称値: シリアルNo.N73C76
  

試験成績書
 確度(20℃±1℃)  :±0.005%(50ppm) ・・・> 0.999 95〜1.000 05 Ω、9 999.5〜10 000.5 Ω
            ===>> 7・1/2桁のデジタルマルチメータより高精度!!!
    現行販売中 (定価138,000円+税)
 試験精度:(20℃±0.2℃)  :±0.001%(10ppm)
 質量  :約2.5kg
−試験結果データ−  2004年10月18日計測    2台とも、1973年製と古いですがまだ十分に性能を保持していそうです。
アドバンテスト R6871E (7・1/2桁) 計測結果(室温、湿度) 結果
18℃、58% 20℃、51% 23℃、50%
  279204  
 (1Ω)
10Ωレンジの精度:  0.009%(読み)+35digit
 1Ω計測時の許容計測値範囲:  0.999 64〜1.000 36 Ω
1.000 22 Ω 1.000 30 Ω 1.000 32 Ω デジタルマルチメータの
計測精度内
279208
(10KΩ)
10kΩレンジの精度:  0.007%(読み)+3digit
 10KΩ計測時の許容計測値範囲: 9 999.270〜10 000.730 Ω
10 000.85 Ω 10 000.86 Ω 10 000.68 Ω デジタルマルチメータの
計測精度内
Agilent 34401A (6・1/2桁) 計測結果(室温、湿度) 結果
18℃、58% 20℃、51% 23℃、50%
279204
 (1Ω)
100Ωレンジの精度:  0.01%(読み)+0.004%(レンジ)
 1Ω計測時の許容計測値範囲: 0.999 6〜1.000 4 Ω
0.999 5 Ω 0.999 3 Ω 0.999 8 Ω デジタルマルチメータの
計測精度内
279208
(10KΩ)
10kΩレンジの精度:  0.01%(読み)+0.001%(レンジ)
 10KΩ計測時の許容計測値範囲: 9 990.00〜10 010.00 Ω
10 000.97 Ω 10 000.92 Ω   デジタルマルチメータの
計測精度内

279206  (100Ω)   1994年製
<<破損品購入:落下により左側の電圧端子が割れてしまっています>>

ADVANTEST TR45シリーズ  標準抵抗箱
  ADVANTEST製エレクトロメータの校正用アクセサリー。 ケースは密閉構造で、減湿材としてシリカゲルが入っている
その他の用途:
 ・絶縁抵抗計の基準、校正用
 ・電圧発生器と併用した精密微少電流源
カタログ   販売終了(定価:60,000円程度)
抵抗値・
 製作許容差

1x108Ω (TR45-8)
:1x109Ω (TR45-9)
:1x1010Ω (TR45-10)
:1x1011Ω (TR45-11)
1x1012Ω (TR45-12)
電圧係数
温度係数
最大印加電圧
端子絶縁抵抗
外形寸法/質量
:−0.002%/V以下(10V〜100V)
:±0.25%/℃以下
:1000V
:1x109Ω以上(高圧印加端子)
:約80(W)x90(H)x170(D)mm、
 約800g

ADVANTEST TR45-8  100MΩ ±2%   1997年製           2007.2
 実測値:100.413MΩ (+0.41%)   
2007.9.18 28.8℃、60%RH HP3458Aにて計測  

タケダ理研 TR45-12  1TΩ 標準抵抗箱             2009.9.4
実測値:0.67TΩ (-33%)     
2009.9.4 25.6℃ HP4329Aにて計測    

社名の変遷:   タケダ理研工業 ==> アドバンテスト ==> エーディーシー           
 タケダ理研 Takedariken

 アドバンテスト Advantest  
1954年 武田郁夫、「タケダ理研工業株式会社」創業。
      微少電流計「マイクロ・マイクロ・アンメータ」発売
1985年 社名を「株式会社アドバンテスト」に変更。
 
 エーディーシー  ADC 1971年 タケダ理研工業全額出資の子会社「タケダシステム(株)」として発足
1993年 社名を「株式会社アドバンテストエーディー」(略称ADC)に変更
2003年 (株)アドバンテストから独立
      社名を 「株式会社エーディーシー」(略称ADC) に変更
2007年 自社ブランド「ADCMT」での販売を開始

タケダ理研 高抵抗 1M, 1T, 10G, 100MΩ             20071217

山菱電機 YRS-3B 抵抗器           1972年製  2013.3.30

AND AD-8612 Programmable Decade Resistor  1985年頃の製造品   2007.7.16
抵抗値範囲
分解能
設定確度

最大許容電流
:0.1Ω〜1,111.20Ω
:10mΩ/Step
:±0.01%±20mΩ±10μV
 (23℃±2℃、<85%RH)
:30mA
AD-8612 2007.1 32.4℃、49%
設定 +0.01%
+20mΩ
計測結果 誤差%
000.10 0.12 0.12044 20.440
000.15 0.17 0.16544 10.293
000.20 0.22 0.21589 7.945
000.60 0.62 0.60535 0.892
001.10 1.12 1.10474 0.431
001.05 1.07 1.05400 0.381
001.20 1.22 1.21170 0.975
002.10 2.12 2.10144 0.069
006.12 6.14 6.10822 -0.192
011.10 11.12 11.10964 0.087
021.10 21.12 21.10920 0.044
061.10 61.13 61.11350 0.022
111.10 111.13 111.12177 0.020
211.10 211.14 0.2111278 0.013
611.10 611.18 0.61111660 0.003
1111.10 1111.13 1.1112190 0.011
1100.00 1100.13 1.1001134 0.010
1000.00 1000.12 1.0001033 0.010
0100.00 100.03 0.1000174 0.017
0010.00 10.02 10.00657 0.066
0001.00 1.02 1.00276 0.276
AD-8612_catalog.pdf
20070724_AnswerFromAND.pdf

アルファ・エレクトロニクス モールド型超精密抵抗器 MCY10K000T 10kΩ 10個  2004.7.10
    購入した20個の内の10個の実測データ (2004.7.12 気温27℃、湿度60%) 
  実測値 (kΩ)  誤差 (ppm)
No.1 10.000 73 +73
2 10.000 44 +44
3  9.999 59 -41
4 10.000 43 +43
5 10.000 33 +33
6  9.999 95 -5
7 10.000 78 +78
8  9.999 97 -3
9 10.000 32 +32
10 10.000 08 +8
 (いずれもスペック内にあります。)
 ・公称抵抗値  :: 10 kΩ
 ・抵抗温度特性  : ±2.5 ppm/℃
 ・抵抗許容差  : ±0.01 % ( 9,999 Ω〜10,001 Ω)

マンガニン線   マンガニン線は標準抵抗にも使用される温度係数の大変小さな金属合金線です。         2004.4
特徴:
  1.常温で抵抗の温度係数が非常に小さい。
  2.抵抗値や抵抗温度係数の経年変化が少ない。
  3.対銅熱電力が極めて小さい。
  4.細線や圧延等の加工が容易。
  5.ろう付、ハンダ付が容易。
  6.耐蝕性が悪い。
  7.僅かの加工、巻付作業等により特性が影響されやすい。
  8..常温付近にて抵抗温度曲線が直線でない。
  9.加熱により表面に劣化層を生じやすい。
右の写真は、シャント抵抗(0.225Ω)を焼き切ってしまったアナログメータのテスタN-501
修理用に作った抵抗。マンガニン線に配線用の導線を付けた状態です。
 ・Cu-Mn-Ni合金 (Cu-Mn-Niの合計が98.0%以上)  マンガンMn :10〜13 %  
 ニッケルNi  :1〜4 %
 ・温度係数
 ・体積抵抗率
 ・線径
 : ±10 x10-6 (10ppm) /℃  
 : 0.44 ±0.030 μΩm
 : 0.05 〜 2 mm
 標準抵抗用として最適な組成 : Mn12%、Ni2%、Fe0.25%、Si0.1%、Cu85.65%
       熱処理や加工により特性が異なるが、加工度20%、550℃、1時間焼きなましした場合:       
              20℃において、抵抗率σ20=0.42μΩ・m、一次抵抗温度係数α202ppm/℃以下、
                                       二次抵抗温度係数β20=0.5ppm/℃、対銅熱起電力π=0.5μV/℃
                (「電気電子機能材料」一ノ瀬昇編著オーム社1996年より)
秋葉原の小柳出(オヤイデ)電気商会にて、
0.2、0.35、0.6、1.0mmφ(DSCMW2) の4種各1mを購入
 (2004.4)
 直径サイズ 
(mm)
 線径許容差 
(mm)
  断面積  
mu
 導体抵抗 
Ω/m
 導体抵抗 
許容差%
0.07mm
±0.005
0.003848
114.4
±10
0.08mm
±0.006
0.005027
87.5
±10
0.10mm
±0.006
0.007854
56.0
±9
0.12mm
±0.006
0.01131
38.9
±9
0.14mm
±0.008
0.01539
28.6
±9
0.16mm
±0.008
0.02011
21.9
±9
0.20mm
±0.010
0.03142
14.01
±8
0.23mm
±0.010
0.04155

10.59

±8
0.35mm
±0.015
0.09621
4.57
±7
0.50mm
±0.015
0.1964
2.24
±7
0.60mm
±0.020
0.2827
1.557
±7
1.0mm
±0.025
0.7854
0.560
±6
1.2mm
±0.030
1.131
0.389
±6Þ
 0.033Ωを欲しいとき:    0.2 mmφでは
 0.35 mmφでは
0.6 mmφでは
1 mmφでは
 :4.242 cm
 :1.39 cm
 :0.471 cm
 :0.1698 cm となる 
トップ アイコントップページへもどる  上ページへ
直線上に配置