Top > 2012.10.20
      大電力 RFアンプ 小信号 RFアンプ はこちら  
  メーカー      型番               品名             終段 周波数 GAIN
(dB)
出力
LogiMetrics A200/C TWT amp TWT
Electron Devices L-5559-02
4 - 8 GHz   10 W
R&K A250HP-SMA-H RF amp FLL57 x 2パラ 300 M - 2.7 GHz 40 37 dBm
--- CHI-G3 W-CDMA Power Amp FMM5046   2,110 - 2,170 MHz  ???    36 dBm
NEC 174A611494-001 DME (TACAN) Power Amp TAN250A x 4パラ 960 - 1215 GHz   1 kW
--- --- L-Band power Amp. FL120 + FL190 800 MHz?   30 W?
NEC --- UHF TV PA 2NJ771A UHF TV
521 - 662 MHz
  50 W
R&K A0304-3543 Power AMP FLL300IP-2 300 - 400 MHz   25 W
Sailor T2130 HF Power Amp TH416 pp 1.6 - 30 MHz     250 W PEP SSB
NEC --- UHF Power Amp   UHF   5 W
--- --- RF Amp   2N5643 pp x 2パラ   6 - 120 MHz   150 W
BLX96 pp x 2パラ 100 - 260 MHz    
--- --- RF LINER AMP MRF136 6 - 240 MHz   1 W

LogiMetrics A200/C TWT amp 4-8GHz 10W   1986年製造   2011.2.9
TWT: Electron Devices   L-5559-02
  
TWT:
Electron Devices
L-5559-02


R&K A250HP-SMA-H  300 - 2,700MHz  RF Amp   1998年製造品        2009.4.15
周波数範囲 300 - 2,700 GHz(min.)
小信号Gain +40dB(min.)
GAINフラットネス ±1.5dB(typ.)
出力Power          
    (1dB Gain Comp)     
+32dBm(min.)  at 300 - 1,000 MHz
+36dBm(min.)  at 1,000 - 2,7000 MHz
定価:498,000円

出力レベル特性
  周波数   入力(dBm)
-15 -10  -5  0 
300MHz 28 33 35 35
1.0GHz 28 33 37 39
2.0GHz 28 32 37 38
2.7GHz 27 32 37 38
    

ドライブ:
FLL??  ->  FLL57

 終段:
富士通(Eudyna)
FLL57パラ

FLL57 :
L-band 中・大電力
GaAs FET
  FLL57_datasheet

W-CDMA Power Amp  4個   2,110 〜 2,170MHz ???          2008.7.8
終段:富士通 FMM5046 Pmax:36dBm
Fujitsu_FMM5046VF
tk705xx-706xx-707xx-708xx
uPC2905
2SD780_NEC_TC-1264B
2SJ538
3G_WLAN_and_Broadband_Japan
EMM5329ZW_r0-2
IMT-2000基地局用アンテナおよび周辺装置_no21_06
JRCreview51_04
TC7W04F_TC7W04FU_ja_datasheet_080603

NEC DME (TACAN) L-Band 960-1215MHz 1kW Power Amp  1999製造品          2011.2.28
 航空機用航法援助施設 
  ・民間航空機:DMEVOR  
  ・軍用機  :TACAN
DME:
VOR:
TACAN:
Distance Measureing Equipment
VHF Omni-directional Radio Range
Tactical Air Navigation Aid
DME、TACAN   960-1215 MHz
1,000kHz間隔 空中線電力: 1 〜 3 kW
 成田空港の場合:
 ・機上DME(質問電波) 1150 MHz  
 ・地上DME(応答電波) 1213 MHz
 ・VOR(方位情報) 117.9 MHz
技術情報メモ:電波航法システムの比較
  プリドライバー:JTDB75
  ドライバー:TAN250A
  終段:TAN250A x 4パラ


  データーシート:
  JTDB75__75W_960-1215MHz_Pulsed_Avionics
  TAN250A__250W_960-1215MHz_Pulsed_Avionics  

  外部リンク:
  航空無線電話・航法システムの概要_070621_1_s2

                           (総務省)
 DME 地上施設と航空機上の電子装置から構成される。 地上施設と航空機との絶対距離を測る航空機用航法援助施設 。
航空機上のインタロゲータがイントロゲータ用周波数の1つのチャンネルを使い、一連のパルスよりなる質問信号を送出し続ける。
地上のトランスポンダは、それらのパルス信号を受信すると対応するチャンネルでパルスの応答信号を50マイクロ秒遅らせてに送出し続ける。

機上のインタロゲータは50マイクロ秒以上遅れて到達する応答信号を受信し、自機に向けて返信された信号を捜索 (Search mode) 、検知すると追跡状態 (Track mode) に移り、自機と地上局との斜め距離(直線距離)を算出し続ける。

RF Power Amp L-Band(800MHz) 30W?                  2009.2.12
終段:富士通 FLL129,FLL190 GaAs FETパラ
ユーディナ デバイス株式会社製
(2004年4月、旧富士通カンタムデバイス(株)と住友電気工業(株)の電子デバイス事業を統合して誕生)
FLL177_Datasheet.pdf
FLL120MK_Datasheet.pdf
FLL107_Datasheet.pdf 
型番の命名規則:
ドライブ段のGaAs MMIC:
 ・UPG101_Datasheet.pdf
 ・UPG100_Datasheet.pdf
GaAs FET MMIC一覧表
UPG100  UPG101 L351 FLL120 / FLL190

Sailor  T2130 1.6〜30MHz 250W PEP SSB Tx ,AT2110 アンテナ・チューナー       2007.9.28
250 W PEP (peak envelope power:尖頭値電力)
Sailor ・・・ デンマークの船舶用無線機メーカー
Sailor Compact HF SSB Programme 2000
    RE2100 :コントローラ(受信機、エキサイターを含む)
T2130 :250W PEP SSB送信機(RE2100用24V電源を含む)
AT2110 :250W アンテナチューナー
N2160 T2130用電源 (12V DC)
N2161 :T2130用電源 (110/220/240V AC 50Hz)
T2130_Tec_Manual
http://www.thrane.com/Maritime/Introduction/GMDSS.aspx
http://sailorradio.enigmamachine.co.uk/
http://www.qrz.com/callsign/PE1RTC
http://www.radio-amateur.nl/sailor/

2N3553pp − MRF426pp − TH416pp
出力フィルターユニット
コントロールユニット
外線接続ターミナル

              AT2110  対応アンテナ長:7−15m           AT2110_Tec_manual

R&K A0304-3543 300M - 400MHz 25W程度 Amp                    2006.9.15
FLL171→FLL120→FLL300IP-2仕様のR&Kのアンプ
電源電圧は +10.5V   GATE入力によりデバイスの電源をスイッチングして使用できます。
スイッチングには 2SJ339 を使用しています。
REのIN, OUT, GATE端子はSMA-J
型番がR&Kのカタログに記載がないので、特注品のもよう
放熱器取り付け検討:
FLL171
FLL120 … 富士通GaAsデバイス Vds:10V
       FREQ:2.3GHz Power:40dBm(P1dB)
       Gain:10dB(G1dB)
 製作例1:2.4GHz 12W パワーアンプ
                   (セブロン電子製基板)
 製作例2:5.6GHz パワーアンプ
 製作例3:5.6GHz パワーアンプ 4.2W
                   (マキ電機製基板使用)
FLL171FLL120 FLL300IP-2
FLL300IP-2 チップ表面の捺印表示仕様
 製作例:2400MHzパワーアンプ FLL120-FLL300IP2で1Win/25Wout(Vd=11V、Id>10A)  
      ・・・川越無線の1200,2400MHzHPA基板(t0.8のガラエポ)を使用
FLL400IP-2
 富士通アプリケーションノート・・1.9GHz40Wパワーアンプ
ユーディナデバイス株式会社 Eudyna Devices Inc.
          http://www.eudyna.com/j/products/wireless/high_power_gaas_fet.html
  2004年4月、旧富士通カンタムデバイス株式会社と住友電気工業株式会社の電子デバイス事業を統合して発足。
  化合物半導体デバイスの分野で両社が蓄積してきた開発・製造・販売の技術とリソースを統合し。
  W-CDMA、携帯電話、PHS等の無線通信システムの基地局用途に40W 〜 240W 高出力プッシュプルGaAs FETを開発。  
  また、コスト重視の用途向けにプラスチックモールドタイプ (ZZパッケージ) の製品も開発。

==>住友電工デバイス・イノベーション株式会社(2009.8)に社名変更(住友電工の100%子会社化)

NEC UHF 521 - 662MHz 50W TV PA       1984年製        2005.9
 1984年製 UHF TV放送(サテライト局)用送信機 
 電源:+24V or +28V
 521MHz(J22)〜662MHz(J44))対応  
    ・・・ UHFのチャネルは、J13:470〜J62:770MHz

     初段アンプ :2SC1562(富士通)+2NJ771A(富士通)
     2段目アンプ: 2NJ771A
<日本のアナログTV方式> <参考ページ>
システムM
 ch帯域幅 : 6MHz、
 映像波帯域 : 4.2MHz、
 映像周波数に対する
     音声周波数の位置 :
                    +4.5MHz
 残留側波帯 : 0.75MHz、
 映像モード : Negative、
 カラー方式 : NTSC
音声モード : FM
ステレオ放送方式 : EIA-J
周波数:
 J1〜3 : 90〜108MHz
 J4〜12 : 170〜222MHz
 J13〜62 : 470〜770MHz
使用トランジスタ:
 2SC1562
    Bipolar NPN UHF-Microwave Transisitor     
Fujitsu Microelectronics
V(BR)CBO = 55 V
I(C) Abs. Collector Current = 1.0 A
Absolute Max. Power Diss. = 12 W
Semiconductor Material = Silicon
Status = Discontinued
Package = StX-M4
Military = N
 2NJ771A
Bipolar NPN UHF-Microwave Transisitor
Fujitsu Microelectronics
V(BR)CBO = 55 V
I(C) Abs. Collector Current = 4.0 A
Absolute Max. Power Diss. = 40 W
Semiconductor Material = Silicon
Status = Discontinued
Package = StX-M4
Military = N

1984年製
     3段目(終段)アンプ:(2NJ771A+2NJ771Aパラ) x 4パラ合成        終段4パラ合成
TDK サーキュレータ ・・・ 参考資料     

    電源ユニット(参考:購入せず)===>  

HP-950DX UHF (900MHz) Power Booster                      2009.8.20
パーソナル無線用パワーブースター
パーソナル無線:     1982年に登場
・マルチチャネルアクセス無線(MCA無線)技術を使用した簡易無線の一つ
・900MHz帯の電波を使用
・チャンネル数は80(後に158)
・空中線電力は5W
・申請さえすれば無資格で運用可能
・条件:
  ・アンテナは無指向性で絶対利得7.14dBまで
  ・一回の送信時間は3分以内
  ・メーカー純正品以外の外部機器接続不可

CB無線は、27MHz帯、空中線電力500mW、AM

150W RF Amp                    2005.8 
6〜120MHz(2N5643pp x 2パラ)+ 100〜260MHz(BLX96pp x 2パラ)  電源:28V   
  2N5643:8dB、40W      BLX96:7dB、
・1枚の基板の上に、6〜120MHzと、100〜260MHzのアンプユニットを実装
・高周波リレーによって、入・出力を切替えるようになっている
・薄型・小型に設計された為、大きな出力の時は、冷却ファンで強制空冷が必要 (現品は放熱フィン・空冷なし)
・回路図あり。ただし、リレー部分の回路図はなし。
・調整次第で150W位の出力を出せる回路であるが、その場合放熱等の問題あり。
6〜120MHz(2N5643pp x 2パラ
100〜260MHz(BLX96pp x 2パラ
入力アッテネータ 3dB
 放熱器取り付け検討       
1.方向性結合器 Olektron B-PS4-1002 ・・ 進行波、反射波モニタ用
     ・周波数範囲
   ・最大許容電力
   ・特性インピーダンス:50Ω
    ・結合減衰量: MHzにて
・方向性
2.RFリレー ARROWSMITH 315-10002-3
       ・SPST RF relay, 26VDC coil, BNC female, 100W for RF input only.  $60.00
 315 relay is a standard model made by many different manufacturers.
 The type 315 relay can safely handle 100 watts of RF power through 432 MHz.    <参考ページ
放熱器(ヒートシンク) 中古品
 吉川金属 90F294 294x90x200 10mm厚  
    2005.10.1購入

1W LINER AMP  6 〜 240MHz  RFリニアアンプブロック  ゲイン:約26dB        2005.9
終段MRF136、ブランキング回路付

150Ω/2W抵抗3本が熱で変色していた。交換済み。



回路図 

   部品表 

計測結果:    
  入力-10dBm 
  修理(抵抗交換)前   


2005.9
 周波数  出力(dBm) ゲイン(dB)
6MHz 11.6 21.6
10MHz 13.8 23.8
100MHz 12.6 22.6
240MHz 14.0 24.0
300MHz 14.0 24.0
500MHz 5.0 15.0
  

NEC 5W UHF Power Amp                  2003ハムフェアにて購入
トップ アイコントップページへもどる 
直線上に配置